ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
2037年02月22日 (日) | 編集 |
【ねこみちฅ(´・ω・`)ฅミャー】
徒然なるままにアクアリウム・ライフに関して綴っています。
自分の周りにはアクアリウムな趣味をお持ちの方がいないため、
ネットを通じた多くの方との飼育方法等の情報交換を目的として
ブログを立ち上げました。そのため、コメント大歓迎です♪     By CatsLove


図6撮影日時:2012/11/9 (Logicool® HD Pro Webcam C920)

【Myチャンネル in YouTube】
無題
【Myリスト in ニコニコ動画】



【30cube水槽概要】
■ 生体:
ミクロラスボラsp. "HANABI"(4) , オトシンネグロ(1)
レッドビーシュリンプ(?) , トゲナシヌマエビ(10) , ジャパンブルーシュリンプ(?)
■ 水草:
Cry.ウィンティー グリーン , Cry.ウィンティー ブラウン(?) , Cry.ウィンティー ミオヤ(?)
Cry.ワルケリー(?) , Cry.ポンテデリフォリア , Cry.モエルマニー , Cry.バランサエ
Cry.フラミンゴ , Anu.ナナ プチ , Mic.ナロー , グロッソスティグマ , ポゴステモンヘルフェリー
Buce.sp.2種 , ウキグサ , アマゾンフロッグビット
■ 水槽:
クリスタルキューブ300【コトブキ工芸】
■ 照明:
ルミノDX 24W【トリオ】 , LED照明3W【無印】
■ 底砂:
マスターサンド(溶岩砂)【ヨンカンAPS】
■ フィルター:
クラシックフィルター2211【エーハイム】
■ 濾材:
超多孔質ろ材 リングプラス500mL【Leaf Corp】 , エーハイサブストラット400mL【エーハイム】
粗目フィルターパッド1cm厚カット【エーハイム】 , ウールマット薄【Leaf Corp】
■ ヒーター:
ICオートヒーターDS65【ジェックス】
■ 冷却:
テトラ クールタワー CR-2【テトラ】
■ CO2器機:
CO2レギュレーター (小型ボンベ用)【資技研】 , Leaf CO2 ボンベ 74g【Leaf Corp】
LC CO2用電磁弁 高性能 超小型(2CG0251)【Leaf Corp】
CO2マスター アドバンス 12/16mm用【WPW】
■ 液体添加剤:
セラ アクタン【セラ】 , セラ フロレナ【セラ】 , セラ pHマイナス【セラ】
■ 固形肥料:
テトラ イニシャルスティック【テトラ】 , テトラ クリプト【テトラ】
■ pH:6.8-7.2
■ 水温:25[deg]
■ 照明&CO2添加時間:17:30-26:00 (8.5時間)
■ CO2添加量:1滴/3秒
■ エアレーション時間:2:00-17:00                     最終更新日:2012/8/16
スポンサーサイト
2018年05月19日 (土) | 編集 |
図1
図2

デイトナテストコースで開催される茶ミーティングに参加してきました!

50kWくらいの電動機を積んだZERO SRって名前のEV二輪とか。
ヒマラヤンって言われる411ccのインド産アドベンチャーとか。
ホンダが満を持して出したCBR250RRとか。
色々と乗りたいのはあったのですが...

ZERO SRを除いて、この子たちは午前一杯で試乗終了。
わたしは午後から参戦したので残念。
また今後乗りたいですね (´ω`)
ZERO SRは並ぶ順番間違えて結局乗れず終いだし...

ちな、ヒマラヤンは静岡の用宗にあるGT-AXELって
お店が出展していて、ちょいお話して跨らせて貰ったり、
エンジンを掛けさせて頂きました。

図3
図4

足つきはアドベンチャーにしては良さげです。
私のローダウン仕様のDR君とどっこいどっこい。
アイドリング、あとちょっと吹かした感じでは意外と
単気筒の振動は少なく感じました。
DR君に乗ってきたからかな?w

聞いた感じ、乗り出しは80くらい?
タンク容量とか燃費とかはまだ分らないみたい。
日本にまだ1台しかないとか?
乗ってみたかったですね~。

図5
図6

あと気になったのが愛知県の
ダートフリークさんが出展していたヨツバモト。
こいつもEV二輪車ですね。

3歳児からを想定したEV二輪みたいです。
ちょっと兄貴の子供に買ってあげようかな?
なんて思いましたが、お値段7万円。
ちょっと簡単には手が出ないかも(笑)
でも楽しそうね~。

んで、ここからは実際に試乗したバイク。

1.KTM 1290 SUPER DUKE R
図7
図8

やっぱり1,300ccもあるVツインだと振動も結構刺激的っすね。
DR君にも匹敵するんじゃないかな?ってくらい(笑)

この子に乗ってちょっと面白かったのが視界かな?
ライトがメッチャ個性的なノッペラボウ。
なので、バイクに跨っているとハンドルが一番前にあるみたい。
スクリーンとかライトとか、そう言う視界を邪魔するものが
無いってのはちょっと新鮮でした。

2.DUCATI MONSTER 821
図9
図10

そもそも空冷のモンスターって乗ったことが無いですが、
水冷のモンスターってのに乗ってみました。

この子に最初に跨っての感想...
え、エキパイが足に当たるんだけど(笑)
エキパイがとても独特な取り回しをしているので、
ニーグリしてみると異物感が凄いです。

あと、ドゥカティって鼓動感が凄いってよく言われるけど、
KTMの1,300ccV2に乗った後だと、ちょっと中途半端?
別にそんなに強いかな?ってのが正直なところ。
だけど、振動が強いのが良いってことでもないしね?
良いんじゃないでしょうか。

試乗した後にジーッとモンスターの車体を見ていたのですが、
とても個性的なフレームをしています。
むしろ、エンジンがフレームです?
これピボットとかどうなってるのかな?とか
素直に不思議になります。

でも、こうやって奇抜な車体構成をしてるから
エキパイの取り回しがあんな感じなの?とか思ったり。

3.HONDA CB400SF
図11
図12

最後にEV二輪に乗ろうかな?って思ったら
時間が無くなって人気が無かったCB400SFさんに。

そう言えば、教習車仕様以外のCB400SFって乗ったことないなー
って思ったので丁度良いかな?とね。
GSX-R400R以来の400cc4気筒に乗りましたが、
やっぱり大排気量4気筒とは違う楽しさがあるのよね。

低排気量だからノイズなくスムーズに回るのが楽しいです。
あと、前の2台ってやっぱり外車で、
設計が私の体格に合ってないのが良く分る。
ハンドル幅とかね?どんだけ幅広だよ!ってね。

色々弄って自分に合わせたら楽しさ増し増しかもしれないけど、
デフォルトで乗って楽しかったのは、そう言う意味でCBかも?

ただ、CB400SFってバイクを曲げようとすると
ちょびっとだけ遅れる感覚ある?
もうちょっと切れ込んでくれる方がわいの好みかも。

そんな感じ。
今年も楽しかったですよ。
茶ミーティング (*´ω`*)



2018年05月15日 (火) | 編集 |
図1

DR650SEに乗り始めてから1ヶ月が経って。
そこそこ距離も走れたので簡単なインプレでも書こうと思います。

まず、どのくらい走ったのかと言うと↓このくらい。

図2

記録してなかったの合わせて3,300キロくらいかな?
1ヶ月で4,000キロって中々に厳しいと思います。
これでも結構頑張ったんだけどなー ( ̄Д ̄;;

燃費は大体20km/Lです。
寒い時と高速ではちょい燃費悪いです。
でも大体20くらい。
単気筒なんだから、もうちょい燃費良く合って欲しかった。
航続距離300以上あると安心なんだけどね~。

燃料タンクがリザーブを含めて13Lなので、
航続距離は260キロくらいになります。
なので、大体200km走ったら給油のイメージ。
最近では常時リザーブに入れて走ってます。

燃料灯は付いていないので、
トリップメーターを給油毎にリセットする癖が付きました。

うちのDR君はリアサスのリンク部で車高調整、
フロントフォークの突き出しでローダンしています。
なおかつ、購入時に最初からシートのアンコ抜きもされていました。
そのため、身長167cmの主でも一応足つきはそこそこ良いです。

はじめてのオフ車だし、トレール車両なので足つきは大事!
二足二輪でひょこひょことダートも進めます。

乗り味は意外と素直です。
ただ、カーブでの立ち上がり時に細いタイヤと
オフタイヤの少ない接地面積、軽い荷重、太いトルクで
ラフにアクセルを開けるとリアが滑る感覚があります。

基本的に乗り易いけど、リスキーな一面も見せる楽しい子。
ホントに意外と乗り易いので、モタードセッティングにしたら楽しそう。
すでに楽しいんだけどね?ただタイヤにやっぱり不安感があるからね?
そこまで攻めて走ろうとは思えません。

キャプチャ

あと、うちのDR君は99年式なので騒音規定値が99dB。
USヨシムラの説明に96dBって記載があったのでイケるかな?
って思って付けてみました。

ただ...実際付けてみると意外と煩いな?
ってなってちゃんと測ってみることに。
しかし、DR君にはタコメーターが付いていないので回転数が分らない!
回転数が分らなければ騒音も測れない!

図3

なのでお安いRPMメーターを購入して設置!
ハンドル周りが賑やかになるのは好きなので無問題。

モトマップにDR650SEのスペックシートが載っているので、
最大出力を見てみると、31.6kW/6,400rpm。
そのため、近接騒音の回転数は半分の3,200rpmっすね。

図4

んで、測ったみた結果が93dB。
測定誤差があったとしても99dBまではマージンありますね。
ってことで、経年劣化しても車検はおkと思われます。



実際のところ、3,000キロ走ってみて。
やっぱりちょっとだけSV君とかジスペケ君より疲れるかも?
DR君に乗り慣れた後、SV君に乗ると振動なさ過ぎて違和感凄いからね(笑)

ただ、ダートとかも気にしないで行けるので、
どの子にも得意不得意があると言うことで。
この子はこの子で楽しいですよ (*´ω`*)


2018年05月10日 (木) | 編集 |
図1

2018年のGW最終日は
長野県大鹿村にある天空の池まで
オフ車3台で行ってみることに。

この場所はGW中だけ規制解除で通れるみたい。
つぎの通れるのは8月くらいとか?
また草が青々とした時期にも行きたい!

図2

ただ、目的の場所にたどり着くには
結構(初心者には)厳しいダートがあって辿り着くのも一苦労 ( ̄Д ̄;;

ガレ場って言うのかな?こぶし大の石が敷き詰められている坂道。
バイクで走ると地面が崩れて体勢が...
ちょっと前にSV君で来ようかな?って思っていたりもしましたが、
正直DR君で来て良かったな。って思います。

図3

ダートを走り終わると結構な台数のバイク。
だいたいがオフ系?のバイクでしたが、
中にはMT-03やGSX-R750の姿も...ナイスガッツです!
いや、マジで根性あるな~って思います(笑)

図4
図5
図6
図7

メインの天空の池の写真ですが、
風が強くて池が波打ってしまい水面にバイクが映らない。
ちょっと残念。

あと、もうちょい雲が少なければ...とか
草がもうちょっと青々としてくれたほうが...とか
思う所もあるので、リベンジですかね?

ただ言えることは、
とっても気持ちの良い場所です (*´ω`*)

そう言えば、ここってそもそも牧場らしいけど?
牧場でソフトクリームとか食べれないのかな?
ちょっとくらいお金落としたいんだけどね...

図8
図9

帰りは152号で帰りたかったので、
途中で分れて単独行動。

しらびそ高原、天空の里に寄りつつ帰りました。
前回来たのはGS1200SSに乗ってた頃かな?
なつかしいの~ (´-ω-`)

152号は結構嫌がる人もいるけど、
個人的にはちょっと路面の荒い渋滞のない快走路。
わりと好きなんだけどね?

浜松からビーナスラインまで
ほぼノンストップで走り切れます。
途中の道の駅 南アルプスのパン屋さんも
結構気に入っていて、ちょいちょい食べてます。
気になる人は行ってみて?

そんな感じで2018年のGWは終了。
そこそこ走れてご満悦かな?
今年はまだまだこれからだから、一杯走りましょう!


2018年05月08日 (火) | 編集 |
図1

ホントは4月28日の鈴鹿サーキットでのイベントで
ご一緒する予定だったわっちさん。

おれは趣味よりも仕事が大事だから...
とイベントはご一緒出来ず、代わりに富士山ツーを
5月4日に決行しました。

静岡の日本平で待ち合わせて。
薩埵峠 → 身延駅 → 本栖湖 → ミルクランド → 富士山スカイライン → 三ッ峠
と回る予定だったのですが...
わっちさんのSV君が動きたくないでござる発動。

図2

ヒューズとかチェックして、切れてないから過電流じゃないね?
バッテリーも生きてるっぽいし、あとは断線?
断線ならすぐには対処できないね?ってことで、とりまレッカーを呼んで。
ホントはお店に持っていければ良かったけど、
GWでどこもやっていないし、一旦わたしの実家へ。

SV君はどうやら関東のジムカ仲間がトランポで
さわやかにハンバーグを食べに来てくれるようなので、
ついでに回収して貰えることに(笑)

なので、SV君はひとまず置いて。
わたしのSV君をお貸ししてツーリング続行!
折角の良い天気だし、楽しみたいしな?

図3

まずは地元過ぎて来たことのなかった薩埵峠へ。
最近、ばくおん!に登場していました。
天気が良いからかメッチャ写真映り良いですね!

図4

お次は最近までテレビで放映されていた
ゆるキャン△の聖地巡礼として身延駅へ。

街並みを楽しみつつ、みのぶまんじゅうを食べてご満悦。
そもそも富士川沿いを北上してくるから通り道も景色良くて
ツーリングにも良いんですけどね~。

図5
図6

身延駅から本栖みちを通って、本栖湖へ。
本栖みちはゆるキャン△の第一話で志摩リンが
キャンプ道具満載の自転車で登っていて、
これ無理だろwって爆笑した思い出。

ちょっと調べてみたら、
このルートの標高差ってだいたい箱根峠と一緒で。
過去に箱根峠をチャリで超えた身としては
すげぇー...としか言えなくなりますw

図7

SV君の動きたくないでござる事件と
GWの富士山周辺の渋滞を甘く見積もっていたことで、
残念ながら当初の予定を達成できずにツーリングは終了。

富士山スカイラインは登りたかったなぁー。
また今度登りに行こう (*´ω`*)

図8

その後は、無事にSV君は回収されて。
さわやかでハンバーグを食べて、めでたしめでたし。
いや~ホントにわっちさんはネタの宝庫でおもろいなぁ(笑)