FC2ブログ
ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2037年02月22日 (日) | 編集 |
【ねこみちฅ(´・ω・`)ฅミャー】
徒然なるままにアクアリウム・ライフに関して綴っています。
自分の周りにはアクアリウムな趣味をお持ちの方がいないため、
ネットを通じた多くの方との飼育方法等の情報交換を目的として
ブログを立ち上げました。そのため、コメント大歓迎です♪     By CatsLove


図6撮影日時:2012/11/9 (Logicool® HD Pro Webcam C920)

【Myチャンネル in YouTube】
無題
【Myリスト in ニコニコ動画】



【30cube水槽概要】
■ 生体:
ミクロラスボラsp. "HANABI"(4) , オトシンネグロ(1)
レッドビーシュリンプ(?) , トゲナシヌマエビ(10) , ジャパンブルーシュリンプ(?)
■ 水草:
Cry.ウィンティー グリーン , Cry.ウィンティー ブラウン(?) , Cry.ウィンティー ミオヤ(?)
Cry.ワルケリー(?) , Cry.ポンテデリフォリア , Cry.モエルマニー , Cry.バランサエ
Cry.フラミンゴ , Anu.ナナ プチ , Mic.ナロー , グロッソスティグマ , ポゴステモンヘルフェリー
Buce.sp.2種 , ウキグサ , アマゾンフロッグビット
■ 水槽:
クリスタルキューブ300【コトブキ工芸】
■ 照明:
ルミノDX 24W【トリオ】 , LED照明3W【無印】
■ 底砂:
マスターサンド(溶岩砂)【ヨンカンAPS】
■ フィルター:
クラシックフィルター2211【エーハイム】
■ 濾材:
超多孔質ろ材 リングプラス500mL【Leaf Corp】 , エーハイサブストラット400mL【エーハイム】
粗目フィルターパッド1cm厚カット【エーハイム】 , ウールマット薄【Leaf Corp】
■ ヒーター:
ICオートヒーターDS65【ジェックス】
■ 冷却:
テトラ クールタワー CR-2【テトラ】
■ CO2器機:
CO2レギュレーター (小型ボンベ用)【資技研】 , Leaf CO2 ボンベ 74g【Leaf Corp】
LC CO2用電磁弁 高性能 超小型(2CG0251)【Leaf Corp】
CO2マスター アドバンス 12/16mm用【WPW】
■ 液体添加剤:
セラ アクタン【セラ】 , セラ フロレナ【セラ】 , セラ pHマイナス【セラ】
■ 固形肥料:
テトラ イニシャルスティック【テトラ】 , テトラ クリプト【テトラ】
■ pH:6.8-7.2
■ 水温:25[deg]
■ 照明&CO2添加時間:17:30-26:00 (8.5時間)
■ CO2添加量:1滴/3秒
■ エアレーション時間:2:00-17:00                     最終更新日:2012/8/16
スポンサーサイト
2018年09月29日 (土) | 編集 |
図1
図2

9月9日の富士山閉山日の前日にチャレンジしてみました。
8時頃に富士スバルライン入り口近くの駐車場に到着。
そこからシャトルバスに乗って吉田口5合目まで。
往復2000円とちょっとお高いような?
もともと富士スバルラインがお高いからそんなもんか...

図3

5合目に着いたら既に9時過ぎ。
ここで少し身体を慣らすために神社で御参りしたり、
あんまんを食べながら10時くらいまで待機。

10時になったら出発。
富士山登山は往復10時間くらい掛るらしいので、
普通に登って帰りは20時。
シャトルバスの最終が20時なのでギリギリ。
だけど急ぎ過ぎると高山病のリスクが上がるらしいので
出来る限り急ぎつつのゆっくりで。

吉田ルートは最初はなだらかな下りなんですね。
ちょっと意外でした。
下りで歩くペースが上がらないように気を付けます。

図4
図5

6合目くらいかな?
ここら辺から富士山登山開始って感じ。
今からこれを登るのかー...
頂上が見えない (´ω`)

図7
図6
図8
図9

7合目。
雲も抜けてきて景色も良くなってきた。
写真の背景が空だと登山感でてきます (*´ω`*)

閉山日前日と言うこともあり、
山小屋は既に営業を終了して戸締り真っ最中。
食料とか飲み物とか山小屋に期待してる方は
この時期は行っちゃ駄目なんですね...

図10
図11
図12
図13
図14

八合目太子館。
劇中ではアオイちゃんが高山病でギブアップした場所。
私はここら辺から軽度の頭痛を感じ始めました。
このくらいの頭痛なら大丈夫だけど大丈夫かな?と不安感。

また標高が上がってきてアンダー1枚では
ちょっと肌寒くなってきて上着も着用。

図15
図16

本八合目トモエ館。
ちなみに、ヒナタちゃんとココナちゃんが
泊まったのは本八合目の富士山ホテル。

本八合目まで来ると頭痛が悪化してきて割とシンドイ。
結構スローペースで来たんだけどね。
乗鞍岳でも高山病になってるし、私はなり易いみたい。
高所に弱いってキャブ車かな?

本八合目まで来ると寒い。
アンダー、フリース、アウターと3枚来て。
手袋とニット帽も着用。
さらにアウターのフードもしていました。
風も強いですしね。

図17
図18
図19

9合目。
頭痛いし、ペースが上がらない。
ストップ&ゴーをしながら少しずつ。

なんでこんな苦しい思いをしながら
富士山なんて登っているんだろう? (´-ω-`)

図20
図21
図22

吉田ルート終点。
頭痛くて無心で登っていたので、
あれ?着いたの?ってのが正直な感想。

達成感とかそう言うのは置いておいて、
山頂に着いた途端に風が物凄く強くなってヤバい。
風を遮るものが無くなったからでしょうか?

砂は飛んでくるし、小屋からちょっと離れると
立ってられないくらいの強さ。
次があったらアイウェアは持ってきましょうかねー。

図23
図24
図25
図26
図27

吉田ルートの終点に着いたのが、
大体5時間半後の3時半くらいかな?

ここから御鉢巡りをすると約2時間。
5時半に下山を開始すると最終シャトルバスまで2時間半。
2時間半で下山は厳しいですね...

かつ強風だし、頭痛だし、身体も動かない...
ってことで今回はここでギブアップ。
御鉢巡りと剣ヶ峰はまた次の機会としました。

いま思い返すと身体が動かなかったのは
ハンガーノックになってたかも。
一緒に行った友人が全然補給をしない人で
それに釣られたのが失敗したなぁ...
あと防寒着を身体が冷えてから着だしたのも失敗かな...

図28
図29
図30
図31

色々とキツかったけど、やっぱり良い景色。
河口湖や前に登った三ッ峠も見えていますね。

富士山は初心者向けの山って聞くこともあるけど、
個人的には全然初心者向けに思えません。
個人的には燧ケ岳のほうが全然楽な気がする...
ただ、一緒に行った友人は燧ケ岳のがキツかったと言っているので、
向いている山と向いていない山ってのがあるのかも?

下山中に7合目辺りから
辺りが暗くなってきてヘッドライトを使用しました。
富士山日帰りの方はヘッドライトは必須かも?

下山に使った時間は3時間半。
登り5時間半、下り3時間半の9時間ペースでした。
最終シャトルバス1本前の7時半に乗れて一安心。

心残りのある登山になってしまったので、
また来年リベンジですかねぇー ( ´△`)


2018年09月24日 (月) | 編集 |
図1

ツイッター繋がりで浜松で林道ツーが開催されると知り、
とりま参加してみることに。

最初は5,6人なのかな?と思っていたら
いつの間にやら10人以上の大規模ツーリングに。
いやー、大体知らない人だし不安だわーって感じで参加。

図2
図3
図4

浜松SAに集合して。
そこから道の駅くんま水車の里まで
未舗装路を走りながら向かいました。

未舗装路は結構長かったので、
ジャリジャリだったり、こぶし大の石だったり、
ドロドロのマッドだったり、色んな路面状態だったけど。
トコトコ走れば何とか行けました。

未舗装路を走ったのは迷い込んだ関ヶ原林道と、
天空の池のちょいダートくらいだしね?
ぶっちゃけ初めての林道ツーになるのかな?

先攻チームと後攻チームに分れて、
後攻チームは比較的のんびりチームでしたが、
それでも皆さんお速いですね...

先攻チームは先に行ってて
どんな感じで走ってたのか分りませんが、
アフリカツイン勢ヤバいんだろうなぁ...

図5
図6

中間地点のくんまの里に到着!
くんまの里に着く直前の林道が大きい石がゴロゴロしててヤバい。
前を走ってたGS乗りさんはスタック&転倒してるし、
あーこわいのー ( ̄Д ̄;;

オフ車を経験してみたくてDR君に乗って。
未舗装路を走るって面白いの?って思って
参加してみたけど、これは面白いのかな?
面白いような、ただ辛いだけのような?

図7
図8
図9

後半戦はくんまの里からもうちょい奥にある林道。
ここは数年前にジムニーでよく走っていた林道。
ジムニーだと気にならない凸凹もバイクだと大変です...

林道の入り口が舗装部と未舗装部が入り乱れて
タイヤで巨大な轍があったりでこわい。
ここでGS乗りさんがリタイアしました。
オンタイヤだったから仕方ないね Σ( ̄Д ̄;)

まぁ。DR君のタイヤもオフ寄りじゃないし、
そろそろライフが尽きそうなので気をつけねば...

はじめて林道ツーに参加してみましたが、
オフって言っても、結構方向性は色々とあるのかな?
と思いました。

個人的には大人数でより険しい道や速度を
求めてってのは、ちょっと違うかなーと認識できたかな?
また別の機会でゆるふわでやってみて。
自分にオフ遊びが合っているか感じましょうかねー。

あ、林道ツーの様子を動画でまとめてみたので、
よろしければ見てみて下さいね。




2018年09月18日 (火) | 編集 |
図1
図2

長野県大鹿村に新しい道の駅ができたと聞いて。
以前に天空の池に行った時に、ハイキングコースがあると知って。
夏休みの最終日は2度目の天空の池へ。

新しい大鹿村の道の駅。
お蕎麦は長野としてはちょっとガッカリ (´・ω・`)
ジェラートは美味しい (*´ω`*)

あと、道路状況の掲示があるので。
天空の池に行く前に立ち寄って確認が無難です。

図3
図4

天空の池到着も曇天で残念!
まぁ。身体動かせれば良いやってとりまルート確認。

図5

天空の池→二児山→黒河山と一周できるみたいな?
わいはちゃんと見てなかったけど、友人に1周何時間くらいー?
って聞いたら2時間くらいって聞いて出発。

これが見間違いでオカシイな?ってなる訳ですね。
二児山までピストンで2時間くらいだけど、1周だと4時間くらいでした。

図6
図7

二児山まで着いたものの2時間って聞いたものの
1時間で行程の四分の一だし、景色は霧に囲まれて見えないし。
夕暮れまで時間もないので、この日は撤退。
翌週もうちょい早く来てリベンジすることに。

図8
図9

翌週はDR君を引き連れて快晴リベンジ達成!
わいは非常にご満悦である (*´ω`*)

図10
図11

先週は何も見えなかったけど今日は良い天気!
ルートも草がフワフワで今迄で一番歩き易いかも♪

図12

二児山登頂!
今日は遠くまで見えるでー!
あっちは美和ダムかな?高遠?

図13

んで、こっちが駒ヶ岳かな?
駒ヶ岳って登山やる人には有名みたい?
ヤマノススメに出てきたかな?
出てきたら興味出ます(笑)

天空の池~二児山は標高差240mくらいしかなくて、
往復2時間でちょっとしたハイキングに良いかなー?って感じでした。

図14
図15
図16

二児山から黒河山を目指して出発。
ここからが大変でした。

登山道って目印があるもんだと思っていたんですが、
目印が無くなっているだろう場所も多々あり。
ルート途中は倒木も多々あり。
結構前から整備されていない感じあり?

黒河山に迷いながらも辿り着き、
そこで出会った先客さんに、あのルートを来たの?
何年か前に行った人がブログで後悔したって書いてたのを
読んだから行かなかったよ(笑)って教えてくれました。

正直、行けなくはないけど。
オススメ出来る感じの道ではないです。
天空の池の案内板に修正もしくは補足して欲しい...

図17
図18

まとめると、天空の池から二児山のピストンはオススメ!
二児山から黒河山はあんまオススメできない!
笹山は行かなかったので分んない!以上!


2018年09月12日 (水) | 編集 |
図1

もう完全に北海道感も無くなってしまいましたが...
北海道ツーリング7日目。
仙台から静岡まで帰還のための最終日。

最初は蔵王キツネ村にお邪魔しました。

図2
図3
図4
図5

北海道ツーリング中に宗谷丘陵の道路を横切ってたり。
野付半島でお昼を食べてたらヒョコヒョコ歩いて行ったり。
何度か見ましたが、すぐに居なくなってしまって写真は無し。

なんだか遣る瀬無いのでね?
そんな時のための蔵王キツネ村。

思う存分、キツネさんを堪能させて頂きました。
でも、エサとかあげれないのね。ちょっと残念。
それにキツネさん意外と短気で喧嘩とかよくするのね。
元気そうでなにより (´ω`)

図6
図7

その次は一気に南下して草津近くの野反湖。
天空の湖って呼ばれてるみたいで、
天空シリーズは響き的に気になっちゃうから
前から行きたかった場所。

どうしても志賀草津高原道路の方に行きがちなので、
折角なのでって感じかなー。
行ってみた感想はクソ寒い。北海道より寒い(笑)
だけど景色はすこぶる良いね!
たぶん曇天じゃなかったら最高の景色だったんじゃないかな?
近くに登山口もあったみたいなので、
また今度来てみるのも良いかも?

図8
図9
図10
図11

ツーリングの最後にはヤマノススメの聖地巡礼として
天覧山で夕日でも見ようかな?って向かってみました。

ただねー。やっぱり首都圏なんすね。
高速の渋滞に巻き込まれてメッチャ予定より遅れ。
メッチャ真っ暗。

真っ暗だけど、飯能市まで来ちゃったし、
とりま天覧山登ってみました。
ここが良く見るあの場所かーって真っ暗な中、
一人テンション上がってるバカ(笑)
また明るい時にも来てみたいですね。

飯能河原にも寄ってみましたが、
チラホラ花火を楽しんでる方がいてマッタリ空間。
雰囲気が良いっすね♪

図12

飯能でウロウロしながら時間を潰して
高速が空いた頃を見計らって静岡へ帰還。

北海道ツーリング前の走行距離12,304km
北海道ツーリング後の走行距離16,563km
北海道ツーリングの走行距離4,259km

一日平均500kmと考えると頑張った方かな?
このツーリング中でカッパを着てないのが
敦賀港に行く初日と、静岡に帰る最終日だけと言う
厳しいツーリングでしたが...

まぁ。人生そんな甘くはないぞ?ってことなんですかね?
とりま、北海道を体感で来て満足です。
次は四国か九州にでも行ってみたいですね~。