ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
2015年03月30日 (月) | 編集 |
時代を感じる二眼
図1

独特なエンジンの冷却フィン
図2

アナログ二連メーター
図3

はじめてのキャブ車、そしてチョーク
図4


新しくやってきたキャッツの相棒はコイツです。
出会った時にはすでに中々のご高齢なこのバイク。
やっぱり乗っていて時代を感じます。

昔のバイクを知って。
今のバイクを知って。
乗るだけではなく、時代背景も楽しめると
それはそれで面白いかも?

ひとまず今は、コイツを楽しもうと思います♪

このバイク分る人いるかなー?分らないと思うけど(笑)


スポンサーサイト
2015年03月23日 (月) | 編集 |
本日、大型自動二輪免許の卒業検定を実施しました。

前日に緊張しすぎて寝付けなかったので、
当日の実技前にはすでに疲労感が (°д°;;)
でも、そのお陰か?実技では緊張感は減っていましたね。
これは助かった。

学生が春休み中と言うこともあり、
意外と卒険を受けていた方は多かったです。
キャッツを含めて7人。
大型1人、中型6人ですね。

世間一般には若者の○○離れが叫ばれている中、
と言うよりもマスコミが騒いでいる中、
なかなかの人数が受験されているなぁー。
と言うのが率直な感想。

結論を先に述べると、
二輪の卒業検定では7人中6人が合格。
キャッツは無事にクリア♪


もう一人の方は残念ながら、
急制動にて理由は分りませんが
派手に転倒していましたので、、、仕方ないですね。
キャッツもバイクのお腹の部分が見えてビックリ。

キャッツもリアロックしてしまいましたが、
転倒まではなっていないのでおk。
急制動が心配な方は、免許取得後も
ぜひABS搭載車の購入をお勧めします。

んで、↓コチラが卒険クリアの証拠。

図1

検定終了後、採点前に、
教官から受験生に指摘をするという場が設けられました。

キャッツが最初に言われた一言。
自信過剰な運転ですね!

ほう。と思って聞いていると、
教官「キャッツさん、最初の1周目で
   10点マイナスされているけど分る?」

猫愛「分りません」
教官「長い直線で35キロ出てないからだよ。」
猫愛「(え?自信過剰な運転ってのの具体例を
    教えてくれるんじゃないの???)」
  「は、はぁ?」

教官「(長いので要約)前を走ってる教習車が居て、
    それに付いて行ったら35キロ出せないでしょ。
    その場に止まってでも車間距離あけて35キロ出せ。」

猫愛「そ、そうか。」

こんな感じの指摘をされました。
ちなみに、マイナス30点で不合格ですので、
その他での減点はおkだったみたいです。

その場では教官の話の順序が意味不明で混乱して聞けませんでしたが、、、
あとあと思い返してみると、、、
まぁ。35キロを出せなかったのは仕方ない。
項目を満たせなかった俺が悪いからな。

でも、その自信過剰な運転ってのの理由を教えろよ!
話の脈絡がおかしいでしょ!
説教するのは良いけど、その理由、根拠を言え!

そんな感じでモヤモヤした気持ちで、
一応受かったものの卒険終了。イライラするわー。
なんか怒られ損な気分。

まぁ。思い当たる節があるとすれば、、、
試験開始前の慣らし走行時(検定に関係しない)に
タイヤを暖めるために蛇行運転(左右バンク)をやってたことぐらい?

朝一番で体が慣れてないから、
本番のスラローム前にもやっとくのは有効だと思ってましたけど、、、
他の受験生さんはやってませんでしたねー。
その様子が調子に乗ってる風に見られたか?
もしくはミラーシールド付きヘルメット持参だから?

いやー。気分悪い幕引きでしたわ。
その後の免許書き換え時の警察官の態度も腹立つし、、、
もーもー!って感じ。

でも、もういいや。あとは納車だけだし。
そっちにテンションをアゲアゲしないとな!


2015年03月22日 (日) | 編集 |
あす、みなさんが出勤しているとき
キャッツは教習所に向かっているでしょう。

あす、みなさんが仕事をはじめるとき、
キャッツは試験の順番を待っているでしょう。

あす、みなさんが昼食をとっているとき、
キャッツは泣いているか、笑っているでしょう。

あしたは大型自動二輪の卒険。
あー。メッチャきんちょーしてきたーw


きょうがラストの教習だった訳ですが、、、
やっぱり問題なのは急制動かな?トラウマが、、、
まぁ。その他の所は大丈夫みたい。
スラロームも、一本橋も、波状路もタイムおkだって。
各々5秒強、13秒、6秒らしい。

あとは緊張して失敗することだけ避けねば、、、
と言うことで、キャッツのテンションを
アゲアゲにしてくれる動画さんをご紹介。

MAD動画って知ってますかね?
キャッツ的には色んな動画を切り貼りして
音楽に合わせたショートフィルムって認識ですが、
詳しいところは、、、

んで、このMAD動画ってのが見てて楽しくなるので、
気持ちを上げたいときになんか良く見ます。
では、ご一緒にアゲアゲしたい方は良かったら見てみてな。
べつにキャッツが作った動画やないけどw


■ お気に入りバイクMAD動画


■ 特選バイクMAD






あー。はやくバイクを取りに行きたい。。。
でも、もう違うバイクが欲しくなってるw
物欲やべー (°д°;;)


2015年03月20日 (金) | 編集 |
教習がなくて、仕事もなくて、
土日に何しようか悩んだ挙句、、、
ソフトクリームを食べに行きました。

図1
図2

あー。うめー!
やっぱりモノが違うね。
また夏にでも食べにこようかな?
うまうまー。

ちなみに、馬もいたよ!羊もいたよ!
図3
図4
図5


目的終わっちゃったよ。。。
でもね。この牧場の側に、
良い感じの林道に繋がってそうな道が始まっててね。
取り敢えず行ってみたよ!

図7
図8
図9

もう有名どころ?
マップルに載ってた林道は行っちゃったしなー。
今後の方向性を考えなければ、、、

んで、最後は道の駅『くんまの里』で遅いお昼ごはん。
なんか野草っぽかった天ぷらうまうまー。
アレなんだったんだろうか?w

図10

2015年03月15日 (日) | 編集 |
キャプチャ

大型教習のラスト2回目。
いよいよ機会が無くなってきたので、
頼んで教習車をNCシリーズにしてもらった。

前にNCシリーズに乗りたいとお願いした時には、
「まぁ。良いけどガッカリすると思うよー。」
っと教官に言われていました。
本日、その意味が分った気がします。

まず乗ってみて、流石に最近のバイク。
『取り回し』や『ニーグリップのし易さ』はCBより好感触。
人間工学的な扱いやすさとかはやっぱり最近の方が良いね!

でも、それ以外の特徴は殆ど好きじゃない。

二気筒のせいなのか、、、
低速で嫌な振動。しかも何かカタカタ言ってる!?
グラも二気筒だったけど、こんなに嫌な振動はないよなー。
V2じゃなくて、並列2気筒だから?

でも、二気筒なのに低速トルクが無い気が、、、
CBでの波状路ではエンストなんでしたことなかったのに、
NCで同様にやっても2回中2回エンスト。
二気筒なのに低速トルクがないとか、、、
やっぱりフィットエンジンを積んでるからかなー?

そのくせ、四気筒のようなスムーズな回転でもないし、
良いとこなしのエンジンじゃね?


まぁ。だいたいこんな感じの感想を持ちました。
スラロームとかもやり難い印象を持ちましたが、、、
それは扱い慣れてないためかもだし、何とも。

キャッツ的には残念に感じたこのバイクですが、、、
世間的には販売は好調と聞きます。
まぁ。安いですしね。

安い車体を販売することで、
バイクが身近な存在になるなら、
それは良いこと。

でも価格と見栄だけで選ぶとか好きじゃないな。
400ccのバイクでも良いバイクはあると思うんだけど、、、
NCのようなバイクの方が売れるんだよね。不思議。

みんな、排気量コンプレックスでも持ってるのかな?
詰まらない見栄なんて捨ててしまえばいいのに。


2015年03月08日 (日) | 編集 |
図1

契約しました。
元愛車のグラディウスを踏み台に次の子へ。

元愛車グラディウスさんは2年前に
走行距離約2,400kmを確か50後半で購入したのですが、、、
下取り時点で走行距離は約14,400km。

お店のほうに頑張って頂いて下取りは29万でした。
キャッツも大満足ってか、ホントにありがとうございます。
くらいのお値段を付けていただきましたよ。

何が言いたいかと言いますと、
バイクを購入する初期金額は確かに高くなるかも。
でも、下取り金額を除けば意外とリーズナブル?ってこと。

まぁ。リーズナブルかも?だけどリスクはね。やっぱりあるけどね。
また、そのリスクってのも殆どは相手からモタラされるリスクですが、、、


でも、そんな話はどうでも良いんです。
キャッツは新しい子と楽しみます。楽しみたいです!

と言うことで、キャッツがホントに言いたいこと。それは。
はやく免許が欲しー!ってことです。

はやく乗りたいなー。
油冷二灯のメガネっ子。


2015年03月02日 (月) | 編集 |
2015年2月21日。
総走行距離14,400キロをもって、
グラディウスとお別れしました。

2013年4月27日から
おおよそ2年ほどお世話になりました。

2年間と短い間でしたが、
その中での色々を動画にまとめてみましたので
よろしければ見てください。

■ ニコニコ動画

■ YouTube


ラストランは栃木県までの400キロ高速ツーリング。
メッチャ寒くて、太陽の日差しがとても温かかったです。

400キロ走っている間に、
やっぱりこの子の優等生さを思う存分感じましたよ。
教習所の去勢されたCBと比較するのもなんですが、、、
CBなんてピーキー過ぎると感じるくらいの優等生さですよ。
この子に足りないと感じるのは風防くらいでした。
最近、教習用400ccを教習中に乗ったので、しみじみ。

たぶん日本のジャストサイズって400ccなんでしょうね。
400ccでも時速200キロでるポテンシャルはありますし、
それ以上でる必要性は?ってなりますもんね。

でも、この子とはお別れです。
理由は残念だけど金銭的なところですよね。

キャッツは色んなバイクに乗ってみたいけど、
色んなバイクを所有するような余裕はないんですよ。

まわりを知らないで、いまに満足する。
それも良いと思います。
でも、乗り比べないとホントの良さは分らないんですよ。
キャッツはホント相棒を見つけたいです。

次の持ち主が早く決まることを願います。
ばいばい。グラちゃん。