ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
2015年04月27日 (月) | 編集 |
図1

新しいバイクに乗り換えたと言うことで、
バックも新しいものに新調しました。

いままで使っていたバックは
スタイリッシュでスポーティな感じなもの。
武骨な感じのいまのバイクには合わないと感じて、
新調した感じですね。

んで、選んだメーカーは『MOTO FIZZ』ってとこ。
このメーカーが有名かは知らないんだけど、
クラシック系とかオーソドックス系、アドベンチャー系と。
スポーツ系じゃないバイクに似合うんじゃん?って思って購入。

意外と、こう言う感じのバックって他に見当たらない。。。
そう言えば、こう言う感じは↓こう言う感じ。

図2

予想通り、バイクに積んだ時の一体感もあり大満足♪
日帰りツーリングや一泊くらいのツーリングに便利なサイズだと思います。
このシートバック。おすすめです。


シートバックとは別に、
タンクバックと言うものも初購入。
↓コチラですね。

図3

写真のテカテカしてるところが透明のビニールになっていまして。
中が透けて見えるようになっています。
なのでね?ここに携帯をいれたらナビを見ながら走れるんじゃね?
って思って買った次第。でもね、、、テカテカして反射して、見えねー!

キャッツの想定が甘かった。。。
しかも、このタンクバックってマグネットで吸着式なんだけど。
走行中に結構前後にバックが動く、、、
結構動くからタンクに傷が付きそう。

なので、もう使わないかも。。。
でも、せっかく買ったのでもうちょい使うかも。。。
こっちはちょっと評価がビミョー。

そんな感じ。
ちゃくちゃくと装備を揃えています (`・ω・′)ゝ


スポンサーサイト
2015年04月19日 (日) | 編集 |
図1
図2

はじめて。バイクのタイヤを交換しました。
中古で購入したバイクの装備してたタイヤが
06年製と言うこともあり、そろそろ限界、、、

新しく購入したタイヤはブリジストン。
石橋さんの『BATTLAX HYPERSPORT S20 EVO』です。
ダンロップ、ブリジストン、ピレリ、ミシュランから選んで言われて。
日本ガンバレの意を込めて石橋さん。

んで、スポーツとツーリングどっちのタイプ?言われて。
グラディウスが装備してたのがスポーツだったので、
スポーツを選択しました。
特に深い意味はありません。
強いて言えば、ツーリングはグリップなさそうで怖い。。。

タイヤ交換したては非常に滑り易いそうです。
なので、ビクビクしながら皮むき開始。
実家まで高速で帰ろうとしたら、止めとけ!と言われて。
1号で浜松→静岡まで。

図4
図3

約100キロ走行後。
タイヤの外側はまだまだ皮が剥けてないけど、
真ん中ぐらいは剥けてきました♪

んで、次の日に
静岡→井川→接阻峡→大井川のルートで
浜松まで皮むきしながら帰宅。

このルートは丁度いい。
途中で接阻峡温泉にも入れますし♪
景色も良い♪

図5
図6

約200キロほどの走行終了。皮むき完了!
なので、普通に走行できると思います。
これで思う存分、GWを楽しめるように仕上がりました!
たのしみ♪

んでは、ラストは本日走ってきた
静岡→井川→接阻峡→大井川のルートにて
撮影した写真をアップして終了。

図7
図9
図8
図11

バイクは斜め後ろからの姿に
惚れ惚れしますね♪



2015年04月16日 (木) | 編集 |
先週末は長野のコスモスの湯を目指して、
日帰り温泉ツーリングを敢行しました。

浜松から片道130キロくらい?
片道3時間いかないくらいの道のり。
スケジュールを詰めすぎなければ程よい感じかな?

コスモスの湯への道のりは151号を北上する感じで。
途中には道の駅『信州新野千石平』、『そばの城』がありました。
道の駅には沢山のバイクが停まっていて、
春になったんだなーと感じます。

千石平では山女と書いて、アマゴと読む?焼き魚を食べてご満悦。
そばの城では、お蕎麦とソフトクリームを食べてご満悦。
特にお蕎麦がうまかったぁ~♪

そばの城からほど近いコスモスの湯へ。
お風呂の方は室内と露天の2つがあって。
ゆっくりと旅の疲れを落としました。

そして、もちろんお風呂の後は牛乳!
珍しく苺牛乳があったのそれで!

最近、温泉が好きになっておっさん化がすすんでるなー
と感じずにはいられないキャッツです。
温泉ツーリングは良いですよ!気持ち良い。


コスモスの湯の近くで撮影会。
先週末はギリギリ桜が見れたのでお花見です。
浜松の方は散っちゃってるので長野様々ですね。

図2
今日はこの3台。1台だけバイクで浮いてます (´・ω・`)

図1
初公開。キャッツの新相棒の全貌はコレです!格好いいでしょー♪

図4
やっぱり、もう春ですよ!



まぁ。ツーリングの写真はこんな感じ。
浜松近辺にご住まいの方が見ているならば、
コスモスの湯は距離的にもお勧め!
そばの城のお蕎麦もお勧め!

図3

春だ!ドライブだ!
ツーリングだ!温泉だ!
いざ行かん!



2015年04月13日 (月) | 編集 |
先日、みどボンを交換しました。
みどボンを使用するようになってはじめてです。

意外と持つもので、予想以上に持つもので、
結局は約2年ほど持ってしまったようです。

2年と言うのは中々にやり過ぎな感じがするので、
今度からは1年おきに交換しに行こうかな?と考えるほど。

図1

もしくは、あと1本水槽を立ち上げて消費量を増やすべきか?
生体をメインにやるのは気が重いですが、、、
水草メインは気楽なのが良いかなぁー。
テトラとかラスボラとか気兼ねないのだな。
やるとしても。


最近アクアの話題が少ないですが、
それは仕方ないことなのです。

アピを止めてからはイベントもないし、変化もない。
なかなかテンションも上がらない。お金も他で消えていく。

やっぱり水草だけだと楽だわーな現在の水槽が↓コチラ。

図2

毎週の水換えと、毎月の追肥、フィルター掃除、トリミングくらい。
トリミングはバケツ一杯分のエキノの葉っぱが取れます(笑)

なかなか安定してしまった水槽です。
特に変えるつもりも無いが、、、強いて言うなら、
グロッソの絨毯をあきらめてショートヘアーグラスを増強。
草原を目指そうかな?くらいですかね。

水槽を立ち上げて1年間が経過。
取り敢えず、目指せ5年間の維持。


2015年04月12日 (日) | 編集 |
とあるマンガの登場人物が
バイクを乗り換える際にすることがある。

それはキーホルダーだけを
次のバイクに受け継がせるって簡単なこと。

簡単なことだけど何となく意味のあるようなことだと思い、
取り敢えずキャッツもあやかってみた。

図1

いままで当たり前にあったものが
突然なくなると喪失感があると思う。
なので、少しでも受け継いで行くことができれば、
気持ち的には楽かもね。

何かを思い出すために、何もないと思いだしにくい。
でも、何かがあれば思いだし易いかもしれないしな。

バイクの良いところのひとつには
クルマよりも金銭的に気楽ってのがあると思う。
なので、乗り継ぐってことに負のイメージを持たず。
色んなバイクに乗ってみたいと思うこの頃です。


それはそうと、早速バイクのパーツを装着!

図2

やっぱり、まずはエンジンガードかなぁー。
グラディウスに引き続きゴールドメダルって会社のやつです。

価格的にはスライダーの方がお求め安くて好ましいのですが、、、
こっちのガッチリとパイプパイプしてるほうが、
カメラの装着が工夫できて良いんですよねー。

ちなみに、こんかいはブラックアルマイト仕様なので
一回でもコケたら黒塗装が剥がれて地の銀が、、、
コカしたくないですねー。


エンジンガードを購入して金欠ですが、
タイヤが2006年製で交換した方が良いらしい。
タイヤ交換。。。金欠つらいわー。


2015年04月07日 (火) | 編集 |
図1

東京モーターサイクルショーと言うイベントに
ぷらっとお出かけしてきました。

その中で、なんとなくキャッツの目にとまった
バイクの写真を撮ってきました。

バイク歴が短いキャッツです。
バイクの説明なんかできませんので、
それでも宜しければこんなバイクもあるんだなー。
程度に拝見して頂けると幸いです。


図2
図3
新型R1はSFチックで格好良いですよねー。

図5
図4
コイツが噂のH2ですね。スーチャーの化け物さん?お金持ちの乗り物かぁー。

図6
イタリアのバイクはオシャレですねー。ジャジャってマンガによく出てくるメーカーさんですね。

図7
図8
KTMさんも250を出すみたいですね。でもなー。やっぱり国産が良いかなー。

図9
コイツが知り合いに不人気と聞いた三型カタナかぁ。格好悪いですかね?

図10
90年代はまる目。2000年からはつり目。次はほそ目なのかな?

図11
図12
図13
図14
キャッツの新しい相棒のセパハンが予想よりキツくて、コイツが気になりました。
バーハン+SSエンジン+カウルレス軽量=最強?
メーカー純正ストファイですよね。もどきじゃなくて。。。ジムカーナに向いてそうだねー。
価格はGSX-Rが160くらいだと考えると、、、140くらいかなぁ。貯金するかぁ。

図15
図16
新しいキャッツの相棒に似てる♪まる目2灯可愛いw

図17
図18
ばくおん!ばくおん!新刊はよっ!


まぁ。こんな感じですよー。
モーターサイクルショーでは展示してある多くの車両に
エンジンは掛けれないけど跨り放題。

実際に跨ってみたらどんなもんかなー。って試すには良いとこ。
キャッツも色んなバイクに跨がれて満足満足。

キャッツの最近の趣向がSSに向いているので、
そっちの写真が多いですが他の種類も一杯あるので
ご興味がある方はぜひとも来年ご参加してみてな。
んでは、おつかれさま。