ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
2016年02月28日 (日) | 編集 |
図1

先週の日曜日の早い時間。
まだ朝日も出ていない真っ暗の中ツーリング開始!
初日の出ツーよりも早い3時半でしたw

お目当ては日本で最も早く開花する?
伊豆半島の河津を起源とする河津桜!

なんで知ったんだっけ?
仕事中の雑談タイムで話題に上がったのかな?
とりま、速攻で見に行ってきましたよ。

図2

今回はガンマさんで行ったので、
ちゃんと小まめな補給を心がけました。
一回のツーリングで4回補給しました。

おおよそ350キロの工程で4回、、、
割りと余裕を持って補給してたからなのですが、
燃費はやっぱり10~15くらいかな?

2stオイルも350mlくらいは入ったので、
こっちは1km=1mlと考えて良さそう。
今後の参考にしましょう ( ・`ω・´)キリッ

図3
図4
図5

河津に着いて撮影タイム。
ただ、、、河津に着いた時にはまだまだ辺りが暗い (´・ω・`)
暗いので人も少なく撮影できたのは良かった。

今年は満足な写真が撮れなかったので、
来年はもうちょい頑張りたいな。

日の出が出てから少しすると、
人も増え始めたので石廊崎に向かって退散。
退散途中に菜の花?が沢山咲いていたので、
こちらもパシャリ。

図6

やっぱり伊豆はイイね。
走っていて面白いものを見つけられるし、
走っているだけでも楽しい♪

ただ、、、石廊崎に着いたら強風で倒れそうでしたw
やっぱり軽すぎるバイクは怖いのな (´・ω・`)
個人的には180~200くらいがちょうど良い?と思ったり。
あんまり軽すぎるのも初心者向けじゃない気も、、、

図7
図8
図9

最後は伊豆スカ!
前回来たときは南進ルートを走ったので、今回は北進!
んで、思いました。北進の伊豆スカの方が絶対楽しい!

熱海峠終点付近の開けたところを
眺めながら走れるのが最高に気持ち良いと思います♪

あと、意外と対向車線のバイクの方々。
ヤエー!したら返してくれたのでご満悦でしたw
また行きたいですねー♪


スポンサーサイト
2016年02月24日 (水) | 編集 |
図1

さいきん、お仕事で残業時間がちょっとずつ増えてきて。
アー!ってなって、レンズが増えましたw

久しぶりに増えたレンズは50mmの単焦点レンズです。
もともと持っていた16mmの単焦点レンズは使うのが難しく、
単焦点って使い辛いなって印象を持っていました。
ただ、それは焦点距離の問題?ってことで違う長さのを。

図1
図2
図3

先週のツーリングで、レンズの特性とかを調べずに。
どんな感じに撮ることができるレンズなのかを体感してきました。

第一印象としては、
対象物から思ったよりも離れないと撮影できない。難しいな。
50mmはちょっと長すぎたかな。35mmにしとけば良かったかな (´・ω・`)

第二印象としては、
背景がボケやすくて、印象的な写真が撮れるのかな?

第三印象としては、
前の対象に対して、遠くの背景を印象付けたい時とかに良いかも?
富士山の写真わりと好きかも♪

難しいなと感じながらも、もう少し単焦点レンズの種類を増やして、
場面に応じて使い分けたい気持ちも。
これがレンズ沼と言うものだろうか?
とりま、20mmと35mm、広角コンバータが欲しいこの頃です。
頑張ってお仕事しましょ (`・ω・′)ゝ

図2

あと、キャッツは普段は↑こんな感じの装備でフラフラしてます。
長距離とか温泉ツーリングではシートバックが増えますけどね。
基本はこんな感じ。

もともと、自転車×カメラで遊んでたので、
コンパクトで綺麗に撮れるカメラがちょうど良く。
その流れでバイクでもそんな感じ。

ミラーレスはこのコンパクトさが良い。
背中のカメラバックからサッと取り出して、サッと撮る。
予備レンズを持っていかなければ、バックに財布も携帯も入っちゃう。
電動ズームレンズなら、なおのことコンパクト!

カメラを取り出すことが面倒だと、
やっぱり写真を撮る機会が減っちゃうからね。
大事なバイクとの思い出が減っちゃうのは勿体ないからね。

だから、気楽に撮れるミラーレスが好き。
画質もそこそこだし、レンズも色々選べて楽しい。
できるだけ沢山、思い出を撮りたい。
そんなライダーさんにお勧めのカメラです♪


2016年02月15日 (月) | 編集 |
図1

購入した時から気になっていたヘッドライトの汚れ?
どうやらライトのトップコート的なモノが一部削れているみたい。
写真では分らないけど、実物だと割りと気になるので綺麗にします!

と言うことで、作業をパパッとしましょう。

図2

まずはマスキングから。
これからトップコートを全部削り取るので、カウルに傷が付かないように。
ヘッドライトのリペアは初めてやるのでドキドキw

図3
図4

まずは紙やすりで剥がれたトップコート部分が目立たなくなるまで、
ずーっと削ります。何回も何回も。腕が疲れても、、、
キャッツは#1200と#1500の番手を使いましたが、
もうちょい細かいのでもう一段やった方が良かったかも?と思ったり。
ただ、用意が無かったのでそのまま続行。

図5

元々付いてたトップコートが全部剥がれたら、
お次は液体コンパウンドで順次こすって行きます。

こちらも何回も何回も。
たぶん合計3時間くらいは擦っていたかもw
腕が痛いw

図6
図7
図8

番手は#3000、#7500、#9800の順でやって行きました。
もう#3000以降は写真では区別がつきませんねw

そもそも、撮影時のピントの位置を間違えたなーって後で後悔しました。
ライトの球のところにピントが行ってますね。
ライトのカバーの所にピントを合わせないと駄目だよなー (´・ω・`)

図9
図10

最後は、トップコートを塗りなおして終了!
こっちはそんなに時間が掛らず。
塗って慣らして2分くらいで終わり。

ただ、、、トップコートが固まるのに4,5日掛るそうなので、
ちゃんとバイクを保管できる人以外は辛いですねー。

キャッツの場合は物置に放り込んで、
先日見てきたら綺麗に仕上がっていましたよ。
はじめてやったにしては満足の出来でした~♪


2016年02月07日 (日) | 編集 |
図1

12月上旬に発注してたA2FORMさんのスクリーンが到着!
思ったよりも届くのが遅く、2ヶ月ほど掛りましたが無事装着。

やっぱり乗っていて一番目に入る所は綺麗にしたいですからね!
トップブリッジやスクリーンが綺麗だとメッチャ気持ち良いw

図2

ただ、、、
スクリーンを覗いた時に、結構中は歪んでいるんですね。
外から見ると綺麗なのに、中から見ると、、、
これって動画撮影的に大丈夫なの?
ちょっと不安です (°_°;)

図3

お次は初使用のプレクサス!
ネットで時々イイね!ってされているプレクサスを初めて使いました。

初めは、乾いたボディにプレクサスを吹いて、
タオルで伸ばす方法なのかな?って思ってたんですけど。
全体を洗車した後、水をふき取るときに
プレクサスをふき取り用のクロスに吹き付けて使っても良いみたい。

キャッツはバイクをシャンプーで水洗車した後に、
タオルにプレクサスを付ける方法にしてみました。

んで、使ってみると思ったよりも洗浄作用が強いようで?
クロスに汚れが付いて、汚れが取れていることが分る。
1日経ってから見てみると、小傷も目立たなくなったような?
割とイイかも!プレクサス!!!

ただ、ふき取り終わってから、
バイクをちょっと揺らした時に垂れた水滴。
その水滴を放置してたら、結構プレクサスのムラが出てた。
拭き残し厳禁な!

図4

次はチェーン掃除!
洗車もチェーン掃除も2台分やったのでメッチャ疲れた (´・ω・`)

でも、綺麗になったチェーンを見るとウキウキですわw
洗車とチェーン掃除だけは一生懸命!
他の整備は全てショップ任せのライダー。
私のことです。はい (`・ω・′)ゝ



最後はリムステッカー!
こっちも初挑戦です。上手く貼れるか緊張するw
ってなると思ってたけど、日が落ちてきて焦る焦るwww

図5
図7
図6

最後は軽トラのお力を借りながら無事?終了しました。
午後1時くらいから始めて、終わったのが7時くらい?
5,6時間もぶっ通しでお手入れをしていたと言うw
そして何故か筋肉痛orz


翌朝、まわりが暗過ぎて全体像を把握できなかった
リムステッカーがどんな感じに見えるのか確認しました。

図8
図9

はじめて貼り付けて、ちょっと歪んじゃったけど、
割りとイイね!リムステッカー!
安価に個性が出るオススメなカスタムですね ( ^ω^ )