ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2017年08月01日 (火) | 編集 |
サンメドウズの練習会でSV君の運転慣らしをして、
全然走れなくて不甲斐ない気持ちで帰宅。

1速でスラロームをするにも危なっかしくて
どうしようもなかったので2速でやっていましたが、、、
やっぱり1速で走れるようにならないと始まらない。

と言うことで、アイドルアップができるように
バイク屋さんに細工をお願いしました。

図5

違う車種のアイドルスクリューを取り付けて、
簡単にアイドリング回転数を変更できるようにして貰いました。
ただ、アイドルスクリューのネジピッチが違ってたみたいなので、
タップでネジを切り直す必要はあったみたいね。

その他のちょい変更と言えば、ブレーキペダルの加工ですかね?

図7

ツイッターを通して、
ブレーキペダルは転倒時に折れたり、曲がったりする恐れがあるから
あらかじめ切っておいた方が良いですよ~。と教えて貰いまして。

最初はブレーキペダルの山が8個あったのを
2個ほど切って、気持ち短くしました。

写真見ても分る通り、最後にヤスリを掛けた時に
すべってエンジンカバーを傷つけてしまったので、
やるならマスキング等で傷防止対策をした方が良いかも (´-ω-`)

図4
図3

そして、アイドルアップの効果を試すために
いつも通りの『のんびり練習会』に参加させて頂きました!

最初は試しにアイドルアップなしの1速で
ホントにアイドルアップしないと無理かなー?と思って
スラロームしてみたら直ぐに暴走して、パイロンをなぎ倒してしまった ( ̄Д ̄;;
やっぱりアクセルオンオフでドンッ!って感じがして操れ切れない。

すぐに危険と判断して、アイドルアップを実施。
通常のアイドリング回転数が1,250rpm程度の所を
1,500rpm程度と1,750rpm程度でやってみました。

結論として、1,500rpmだと若干だけどドンッ!って感じが残る。
1,750rpmまで上げたら全く気にならない感じになりましたね。

たった500rpmの違いなんですけど、
乗り易さがまったく違うのは割と驚きました。
これで1速で思う存分に楽しめます( ・`ω・´)

図6
図1

そう言えば、今回の練習会ではDUKE200に乗らせて貰いまして。
小柄な車体に単気筒エンジンですからね。
とても軽くて取り回しもし易かったです (*´ω`*)

ただ、余所様のバイクと言うこともありますが、
やっぱりタイヤの幅が狭いので、どこまで傾けて良いのか分らず、
怖かったのがホントのところw


今回の練習会で
SV君を1速で運転することの不安感は払拭されました。
なので、これからは地道に小回りの練習ですかね?

フルロックターンがね?なかなかに難しいのですよ。
よくハンドルをストッパーに当たるまで切れるものです。
地道に頑張ります (`・ω・′)ゝ


スポンサーサイト