ねこの歩む道を徒然なるままに綴ろうと思います♪
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2018年06月20日 (水) | 編集 |
図1

2018年SV君のパイロンくるくる走り初めとして
のんびり走行練習会にお邪魔しました。

今回は走り初めだし、マターリ楽しもう!ってのと
いま履いてる前後タイヤが良い感じで終わりそうなので
クォリファイアの走り収めってのが目的でした。

ただ...やっぱり速い人が走ってると。
追いかけたくなる衝動に駆られる...
猫じゃらし的な?

追っかけっこしてるところを動画にまとめましたので、
気が向いたらご視聴して下さい。

■ニコニコ動画

■YouTube


久しぶりにSV君で走ったけど
思ったよりも鈍ったって感じはしなかったかな?
やっぱり乗り易い子だからですかね~。

ちなみに、翌週には無事α14を前後で入れました!
今年もマイペースに頑張って行きますよー ( ・`ω・´)キリッ

図2
図3
2018年06月07日 (木) | 編集 |
図1
図2

花粉終わりのウォームアップとして
静岡で近場の山に行きたいなーって調べたら
ダイラボウなる山があって行ってきました。

藤枝市と静岡市の境にある西又峠から登山スタートです。
往復2時間程度なんで楽勝かな?

図3
図4

そんなことを思っていたら、
一緒した友人がコンビニ寄るの忘れたーって飲み物なし。
私も舐めてたので500ml1本のみ。

2人で分け合いながら登りましたが、
意外とこの時期熱くてちょっと大変でしたね...

山頂までの道のりは大体こんな感じの山道で景観はなし。
途中、ちょっとだけ竹林があって良い感じ。

図5
図6
図7

途中でヘビさんとの触れ合いはありましたが、
静岡にクマさんなんて出るんでしょうかね?

久々のトレッキングとしては丁度良い感じだったかな?
ちな、頂上までクルマで来れることを頂上で知って
ちょっと残念な気持ちになったり(笑)

図8
図9
図10

低めの山だけど、意外と景色は良好で良かったです (*´ω`*)
静岡市街が一望できて、実家周辺や日本平も見えました。
ここは日の出を見に来るのも良いのでは?

帰りには『道の駅 玉露の里』や『田代の郷温泉 伊太和里の湯』に
寄って玉露ソフトクリームを食べたり、お風呂に入ったり。
玉露ソフトは美味しかったですね~♪
伊太和里の湯は内湯は温泉で好きな感じ、
ただ、外湯が普通のお湯でそこはちょっと残念かな?

さて。次はどこに行ってみましょうかね~。


2018年06月06日 (水) | 編集 |
図1
図2
図3

きょねんの11月に1度お邪魔させて頂いた
マジオライディングスクールにまた行ってきました!

前回は11月末の夜中と言うことで路面冷え冷え、
リアはスライドしまくりで怖い思いをしましたが、
5月なら大丈夫だろうと最近乗り始めたDR君で参加。

参加したは良いけど...
やっぱりブロックタイヤじゃちょっと本気を出すと
リアが滑りだして怖いです ( ´△`)

一緒に走っているグループの中に
DR-Z400SMの人がいて頑張って付いて行こうとしましたが
ジワジワ離されて悔しぃ...
今度はSV君で行ってブッ倒します!(笑)

DR君は普通にオンでもオフでも楽しいけどね?
やっぱり得意不得意はあるよね~ってことで。

6月にまた開催するみたいなので、
その時に雨じゃなかったら行きたいですね。

あと、ライディングスクールの様子をちょっと
動画にまとめてみましたので、よろしければご視聴お願いします。

■ニコニコ動画

■YouTube


練習会の後は同じSV乗りのオコジョ氏と撮影会!
なかなか教習所で撮影会は出来ないので、
それだけで結構なご満悦です (*´ω`*)

図4


2018年05月26日 (土) | 編集 |
図1
図2
図3

以前にも来たことがある伊吹山ドライブウェイ。
前回来た時は山頂を目指すことなく下山して、
ちょっと心残りだったのでリベンジ。

伊吹山行きたいなーって思って。
だれかご一緒できないかなー?って思ったら
三重のke-さんがご一緒してくれたので、
待ち合わせしてツーリングがてら軽登山してきました。

浜松を5時半に出て。
三重のいなべ市で8時に待ち合わせ。
9時過ぎには滋賀と岐阜の県境の伊吹山に到着。

意外と滋賀なら日帰りツーリングもありかな?
行きは下道で、帰りは関ヶ原→音羽蒲郡を高速、
あとは23号を帰って高速代2,000円以内。
価格的にもアリだな!?

図4
図5

山頂駐車場から公式HPによると
一周2時間くらい掛るって感じの記載だけど。
実際に登ってみると1時間ちょいで登れるくらいのお手軽さ。

だけど、少し登っただけで景色は満足できる感じ。
この日は雲があってちょい残念だったけど、
それでも来て良かったと思える絶景 (*´ω`*)

図6
図7
図8

伊吹山はドライブウェイを使わないで登ることもできて。
そっちから登ってきたおじさんに聞いたら、片道3時間くらいとのこと。
休憩とかも入れて往復7時間くらいかな?
次来る時は下から登ってみたいですね。

図9
図10

ただ伊吹山はドライブウェイも結構オススメ。
走って楽しいし、写真映えもするしね。
やっぱり交通料2,160円はちょっとお高いと思うけど、
名道だと思いますよ♪

図11
図12

伊吹山を走り終わったら、とりま解散して。
私は単独で池田温泉へ。
ぬるぬる系のお湯で好き。

お風呂から出て、下道で帰るか?高速で帰るか?
って悩んでいたら、お風呂屋の店員さんから
オフローダーなら池田山登りました!?
って尋ねられたので、色々と聞いてみると。

地元のオフ車乗りが走ってるダートがあるとな?
んまぁ。オススメされたから仕方ないってとりま向かうことに。

オフローダーなら登りました?って聞かれたので、
てっきり山頂まで未舗装かと思いきや。
普通に走り易い道。

山頂周辺からの景色は良かったけど、
ダートは無いのかな~?って探してたら関ヶ原林道なる看板が。
折角だし行ってみるか!って行った結果がこれですよ。

図13

林道はちゃんと調べないと駄目っすね~。
行き止まりでした ( ´△`)


2018年05月19日 (土) | 編集 |
図1
図2

デイトナテストコースで開催される茶ミーティングに参加してきました!

50kWくらいの電動機を積んだZERO SRって名前のEV二輪とか。
ヒマラヤンって言われる411ccのインド産アドベンチャーとか。
ホンダが満を持して出したCBR250RRとか。
色々と乗りたいのはあったのですが...

ZERO SRを除いて、この子たちは午前一杯で試乗終了。
わたしは午後から参戦したので残念。
また今後乗りたいですね (´ω`)
ZERO SRは並ぶ順番間違えて結局乗れず終いだし...

ちな、ヒマラヤンは静岡の用宗にあるGT-AXELって
お店が出展していて、ちょいお話して跨らせて貰ったり、
エンジンを掛けさせて頂きました。

図3
図4

足つきはアドベンチャーにしては良さげです。
私のローダウン仕様のDR君とどっこいどっこい。
アイドリング、あとちょっと吹かした感じでは意外と
単気筒の振動は少なく感じました。
DR君に乗ってきたからかな?w

聞いた感じ、乗り出しは80くらい?
タンク容量とか燃費とかはまだ分らないみたい。
日本にまだ1台しかないとか?
乗ってみたかったですね~。

図5
図6

あと気になったのが愛知県の
ダートフリークさんが出展していたヨツバモト。
こいつもEV二輪車ですね。

3歳児からを想定したEV二輪みたいです。
ちょっと兄貴の子供に買ってあげようかな?
なんて思いましたが、お値段7万円。
ちょっと簡単には手が出ないかも(笑)
でも楽しそうね~。

んで、ここからは実際に試乗したバイク。

1.KTM 1290 SUPER DUKE R
図7
図8

やっぱり1,300ccもあるVツインだと振動も結構刺激的っすね。
DR君にも匹敵するんじゃないかな?ってくらい(笑)

この子に乗ってちょっと面白かったのが視界かな?
ライトがメッチャ個性的なノッペラボウ。
なので、バイクに跨っているとハンドルが一番前にあるみたい。
スクリーンとかライトとか、そう言う視界を邪魔するものが
無いってのはちょっと新鮮でした。

2.DUCATI MONSTER 821
図9
図10

そもそも空冷のモンスターって乗ったことが無いですが、
水冷のモンスターってのに乗ってみました。

この子に最初に跨っての感想...
え、エキパイが足に当たるんだけど(笑)
エキパイがとても独特な取り回しをしているので、
ニーグリしてみると異物感が凄いです。

あと、ドゥカティって鼓動感が凄いってよく言われるけど、
KTMの1,300ccV2に乗った後だと、ちょっと中途半端?
別にそんなに強いかな?ってのが正直なところ。
だけど、振動が強いのが良いってことでもないしね?
良いんじゃないでしょうか。

試乗した後にジーッとモンスターの車体を見ていたのですが、
とても個性的なフレームをしています。
むしろ、エンジンがフレームです?
これピボットとかどうなってるのかな?とか
素直に不思議になります。

でも、こうやって奇抜な車体構成をしてるから
エキパイの取り回しがあんな感じなの?とか思ったり。

3.HONDA CB400SF
図11
図12

最後にEV二輪に乗ろうかな?って思ったら
時間が無くなって人気が無かったCB400SFさんに。

そう言えば、教習車仕様以外のCB400SFって乗ったことないなー
って思ったので丁度良いかな?とね。
GSX-R400R以来の400cc4気筒に乗りましたが、
やっぱり大排気量4気筒とは違う楽しさがあるのよね。

低排気量だからノイズなくスムーズに回るのが楽しいです。
あと、前の2台ってやっぱり外車で、
設計が私の体格に合ってないのが良く分る。
ハンドル幅とかね?どんだけ幅広だよ!ってね。

色々弄って自分に合わせたら楽しさ増し増しかもしれないけど、
デフォルトで乗って楽しかったのは、そう言う意味でCBかも?

ただ、CB400SFってバイクを曲げようとすると
ちょびっとだけ遅れる感覚ある?
もうちょっと切れ込んでくれる方がわいの好みかも。

そんな感じ。
今年も楽しかったですよ。
茶ミーティング (*´ω`*)